〈ENDS and MEANS〉× ecocolo 作務衣(グレー)

  

古くから日本人の暮らしやその土地に根付いてきた野良着。
エココロ67号で泥染めを体験した際に着た作務衣の着心地のよさ、動きやすさに魅せられ、
ファッションブランド〈ENDS and MEANS〉とともに、ワークウェアを制作しました。

仕事着の代名詞ともいえる作務衣のデザインを抽出。
薄手の生地を使用しているので、重ね着ができるのが特徴です。
シャツやジャケットのような感覚で羽織りものとして、
また肌触りがいいのでインナーに着ても心地よく過ごせます。
こだわりは、コンパクトなシルエットと襟元のデザイン。
短めの丈は洋服に合わせやすく、襟元は細いカラーで女性らしい印象に。
昔の野良着と同じように、アームホールは直線縫い。
その分、肩回りが動かしやすいよう、脇の部分は広めのマチを取っています。
ヨーロッパのワークウェアのように、立体的なポケットにもこだわりました。

色違いの作務衣(生成り)も展開しています。


PROFILE:ENDS and MEANS
2011年より内山太郎さんが立ち上げたアパレルブランド。
ワーク、ミリタリー、アウトドアの要素と都市感が絶妙にミックスされた、ユニセックスなウエアを広く展開。
グラフィックやイラストもチーフは、CZARが手がける。

PROFILE:パノコトレーディング
本商品に使用したオーガニックコットンは、パノコトレーディングのもの。
主にインドやタンザニア、ペルー、ブラジル、スイスなどの国々から、
オーガニックコットンの原糸の輸入・販売、生地の企画などを行っています。
現地のパートナーから継続的に購入することで、生産者の暮らしの支援を行う
世界で最も大規模な「bioRe(ビオリ)」プロジェクトにも参加。
そこで作られるオーガニックコットンは、栽培から最終製品に至るまで、
すべての工程において環境に負荷を与えず、社会的に公正なものづくりが行われます。
また、そのすべての工程を国際的な第三者認証機関により検査・認証されています。


掲載ページ



本商品が掲載されたのは、エココロ68号P58〜61の「日本のワークウェア研究」内。
日本のワークウェアについて考察しています。

エココロ68号の詳細はこちらから 
定価

18,360円(税込)

販売価格 10,800円(税込)
購入数




ecocolo JOURNALへ⇒  






@ecocolo_mag


Top